ご休憩、お食事、お土産など全国各地で旅のワンシーンを演出するお店の団体です

協会のご案内

会長ご挨拶

一般社団法人日本観光施設協会
代表理事会長 幾世 英夫

日頃は国内各地の会員施設のお土産店、食事処、また、体験・見学施設等々にお立ち寄りいただき誠にありがとうございます。近年の観光マーケットは、インバウンドの勢いと共に、堅調な発展をして来ましたが、新型コロナ感染の猛威により、観光産業は過去に例を見ない大変な痛手を受けております。観光産業の一翼を担う者として、旅館ホテル、交通機関等の皆さまと連携を深めながら、この事態に対処してまいる所存です。当協会といたしましては、これからも国の関係省庁及び地方自治体等をはじめ、関係各位と連携を深めながら、お客さまの安心安全な観光推進に努力すると共に、 会員企業の発展を目指してまいります。引き続き皆さまのご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。
当協会の経緯
当協会は、観光旅行の、見学や体験、お食事や休憩、お土産品の製造・販売など、観光中における行動で大部分を占める「昼間部門」のサービスを提供する各種の観光施設を対象に組織した協会です。 設立は、昭和54年発足の社団法人日本ドライブイン協会が発展し、平成25年8月に内閣府から移行法人として認可を受けて、一般社団法人日本観光施設協会が スタートいたしました。この分野での一般社団法人としては日本で唯一の団体です。活動の目的は、国内外の旅行者の利益の擁護と増進のため、快適かつ安全な場所を提供し、健全な余暇活動を担う観光産業の一翼を担い、社会的使命を果たして、 政府が推進する観光立国実現に向けて取り組んでまいります。
綱領
  1. 私たちは、国が推進する観光立国の方針に則り、旅の行程の大部分を占める昼部門を担当する観光施設の役割の重要性に鑑み、国内外のお客様に対して『旅』の安全と快適性を提供するとともに、国民の健全な余暇活動を担う観光産業としての社会的使命を自覚し、活動して参ります。
  2. 私たちは、施設の充実を図り密度の高いサービスを提供し、併せて「温かいおもてなしの心」で国内外のお客様をお迎えいたします。
  3. 私たちは、高齢者や身体弱者に配慮したバリアフリーやAEDの設置を 積極的に推進して参ります。
  4. 私たちは、国内外のお客様に対して、旅の楽しみであるお土産品を始めとする魅力ある商品の開発に取り組むとともに、地域の特産物の販売により地域経済の振興・発展に寄与して参ります。
  5. 私たちは、地方の特色ある食文化の継承と提供により、世界無形文化遺産に登録された味わい深い和食の伝統を守り続けるとともに、新たな食の創造を目指して挑戦して参ります。
  6. 私たちは、観光業界全体の連携を強化し、観光の質の向上を図り、国際競争力のある観光産業を目指して参ります。

一般社団法人日本観光施設協会
綱領をダウンロードする

新規会員募集について
本サイト「日本観光施設協会」に企業情報を掲載されたい方は、下記の「入会申込書」をダウンロードしていただき、必要項目を記入し、事務局までFAX(042-641-3663)でお申し込みください。
入会申込の用紙をダウンロードする
会員企業情報の変更について
会員企業情報について変更がある場合は、下記の「正会員企業データーの用紙」をダウンロードしていただき、必要項目を記入し、、事務局までFAX(042-641-3663)でお申し込みください。
正会員企業データーの用紙をダウンロードする

一般社団法人 日本観光施設協会事務局

〒160-0022

東京都新宿区新宿2丁目12番13号新宿アントレサロンビル2階

TEL : 070-1257-3611

FAX : 042-641-3663